シンプルで安価な葬儀が増えています。

葬儀は、永遠とも思える不況により経済的な問題、少子化や都市への人口集中などによる墓の継承問題、子世代への負担軽減を望む親世帯の増加などにより、死生観や宗教観が大きく変化し世代によっては宗教観が喪失し仏教離れが見られます。都市への人口集中や高齢化による過疎化は、次世代への葬儀に関する慣習の継承の場を奪い、世界第4位の無宗教国家と海外から指摘されています。しかし、仏教は日本人の約90%、神道は約75%を信者と考えている宗教界と葬儀行う側とのギャップが現状を招いているとされています。従来の葬儀は、いかに見栄えが良く、どれだけ多くの参列者に来て貰えるかに美徳や目的を感じていた所がありましたが、現在では高額な費用に対する不満や葬儀自体の意義の希薄さなどに起因し、シンプルで費用の安い家族葬から更に費用の安い直葬や0葬が非常に多くなっています。実際、私の家も祖母を家族葬で冥福を祈り自然葬で葬送しましたが、何の違和感もないのが本音です。

普通だと葬儀を執り行うのには、122万円ほどかかります。しかし、格安葬儀社というのが登場していて、ここだと19万円ちょっとで済みます。
なぜこんなに安いのかというと、サービス内容がまったく違うからです。
122万円かかるのは僧侶を読んだり、参列者をもてなしたり、葬儀の物品やサービスにお金が必要だからです。
それに対して格安のほうは、葬儀をせずに病院からご遺体を搬送して、そのまま火葬する直葬という方法だから安いのです。
業者の中にはほとんど直葬のサービスなのにもかかわらず、家族葬という広告を出しているところもあります。それを知らずに利用してしまうと、考えていたような葬儀ができなくて後悔してしまう可能性があります。
直葬で済ませたいという考えであれば問題ないかもしれませんが、家族葬をしたくて安さに惹かれてプランを決めてしまうと、イメージと違うサービスという可能性もあるので、サービス内容をよく確認しておきましょう。

<PR>工務店向け集客ノウハウ / 貯蓄 / 英語上達の秘訣 / 内職 アルバイト / 英語上達の秘訣 / GetMoney / 英語上達の秘訣 / クレジットカードの即日発行じゃけん / JALカード / 心の童話 / オーディオ / 女性の人生 / 童話 / 健康マニアによる無病ライフ / 生命保険の選び方 /