投稿日:

お葬式とはどんな儀式なのか

お葬式とは一般的にお通夜、告別式、火葬を合わせた呼び方です。お葬式を執り行う意味は亡くなった人を弔うとともに、残された人たちの、大切な人を失ったという悲しい心を慰める意味合いも含んでいます。お通夜は家族や親族が遺体のそばで一晩を過ごします。交代でもかまいませんので、火の番をして一晩中ろうそくやお線香の火を絶やさないようにします。それには魔よけの意味があるとされていました。しかし、近年では半通夜と呼ばれる1時間から3時間程度で式を終わらせ、遺族も帰宅するケースが増えています。また、告別式に参列できない人が故人へ最後のご挨拶をする場にもなっています。家族や親族以外の場合はお通夜のみ参列する人も多いでしょう。一方、告別式とは読んで字のごとく故人へ別れを告げる儀式です。献花やお焼香などを用意し故人と親交があった人やゆかりのある人が最後のお別れをします。近年では葬儀と告別式を一緒に行い、合わせて告別式と呼んでいるケースが多くなっています。