投稿日:

時代の変化に合った家族葬

家族葬は、一般的な葬儀の件数に迫る勢いで増えていますが、それは自然なことと考えられます。時代の変化に合った方法であるからです。これまでも、たぶん大昔から、かなりの人々の心の奥底で、家族葬は望まれていたのでしょうが、時代がそれを許しませんでした。時代が許さなくもなくなったのは、もう数十年も前からと見られますが、葬儀という、神聖なものと感じられやすい領域であるため、なかなか形態を変えにくい面があったと見受けられます。しかし、インターネットの普及により、人々は葬儀の仕組みや全体像がつかみやすくなり、そのあり方を自由に考える機会を得たと言えそうです。その結果、現代社会に最も適した形態が選ばれるようになったということでしょう。若い世代で急死したという場合は、従来の形式の方が向いているかもしれませんが、リタイアした人にまで、そうした形態は必要ないとも考えられます。困るのは葬儀で利益を上げている業界であり、一般の人々にとっては、リーズナブルなあり方と言えるでしょう。