投稿日:

これからのお葬式の形「家族葬」

家族が亡くなるということは大きな悲しみであり、心身に重いストレスを与えます。そんな時なのに他人に気を遣ってよけいにストレスを溜めてしまうのがお葬式です。セレモニーホールの選択、来ていただく方たちへの連絡、お通夜と告別式の食事の用意など、本来ならば故人と最後の時間をゆっくり過ごしたいのに、そんな余裕は全くなくなってしまいます。そのような中、他人ではなく自分たちの気持ちを優先させることが出来る「家族葬」が注目を浴びています。家族葬とはその名の通り、故人と関係が近かった家族を中心に行う小さなお葬式のことです。弔問客に気を遣うことなく、自分たちの時間を全て故人とのお別れに使うことが出来ます。家族が亡くなることは悲しいことですが、一緒に過ごせる最後の時を優しく暖かな雰囲気の中で過ごすことが出来るのです。また、家族葬は小規模のお葬式なので一般的なお葬式よりも金額的な負担がずっと少なくなります。この点も家族葬が好まれる理由の1つでしょう。