無宗教葬の葬儀に参列するには

もともと日本人は、葬儀のときには仏式で行いますが普段は何も信仰していないという場合がとても多いです。
その流れから、最近では葬儀自体も無宗教葬というが増えてきました。
この場合、一番困るのが参列する側です。仏式ではないので香典の書き方が難しくなります。
どのような宗教でも、使えるのが「ご霊前」です。
ご霊前なら、神式の場合でも使うことができます。
また、無宗教葬では「お花料」と書かれる人もいます。
このように、宗教に関係ない言葉を使うことでマナー違反にはなりません。
形式がないのが、無宗教葬ですが多く利用されているのが献花をするスタイルです。
これという、決まりやルールがない自由な葬儀になります。
そのために、故人の好きな音楽を流したり、好きな絵画を飾ったりしています。
参列する場合は、仏式と同様の服装をしておくと無難です。
案内には、平服でとされることがありますが派手なものやあまり目立つものよりも喪服が安心できます。