投稿日:

思い出に浸れる家族葬

家族葬には従来型の葬式に比べて良い点があることで人気を高めています。
まず、故人と別れてしまう時間をゆっくりと過ごせるというメリットがあります。
家族葬は家族と親族そして関係が深い友人のみで行われる小規模な葬儀であるので、故人との思い出を振り返りつつゆっくりと別れができます。
次に、家族葬の場合は義理で来て頂いた方に対して気遣いをする必要が無いので、精神的な気疲れを引き起こす心配がありません。
そのため、できるだけ精神的な負担を感じたくない高齢者にも優しいと言えるでしょう。
ただし、家族葬には良いところがある一方で、知っておくべき事もあります。
それは、葬儀を全て滞りなく終えた後、後から知った方に対して対応しなければならない事です。
相手が故人と親しいと感じていた場合は対応が難しく、何故家族葬に呼んでもらえなかったのかと責められてしまう恐れもあります。
こうした点から従来式を選ばなかった理由ははっきりとさせておく必要があるのです。