葬儀の値段を安くする方法

葬儀を行う際は、当然厳粛に行わねばなりませんが、一方で値段が気になってしまうのも事実です。葬儀費用は一般に平均180万円前後を必要としている葬儀会社が多く、その値段は決して安いものとは言えないでしょう。しかし、この値段は基本的に葬儀に関する火葬場の使用料金や、参列する方々への飲食接待費、加えて葬儀に参加する寺社への料金を含んだものであることが多く、金額の内訳を出すとかなり無駄なものが多いことがわかります。そこで、お葬式としては簡素になってしまいますが、直送といって火葬場で遺体を焼いたのち、即埋葬するという方法や、家族のみで取り仕切ることで値段をかなり安くすることが出来ます。具体的に直送であれば20万円から30万円前後、家族葬であれば50万円前後で営むことが可能ですから、先述した相場に比べると相当な差がつきます。当然、内容はその分些細なものとなってしまいますが、故人への思いと家計的な負担を考えて妥協できるラインを検討して実施する葬式のレベルを控えれば、少なくとも180万円よりかは安くすることが可能でしょう。